金融取、ユーロ円LIBOR6カ月金利先物上場へ先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > 金融取、ユーロ円LIBOR6カ月金利先物上場へTOP > 業界ニュース > 金融取、ユーロ円LIBOR6カ月金利先物上場へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融取、ユーロ円LIBOR6カ月金利先物上場へ

外資からの要望強く、今年度末までに取引開始予定
国内金融機関向けに3カ月金利先物は継続へ


東京金融取引所は26日、ユーロ円LIBOR金利先物を今年度末までに上場し取引を開始すると発表した。

これは円金利スワップ取引のヘッジツール提供、投資家の利便性向上を上場目的としたもので、かねてから外資系の金融機関を中心に要望が多かった。

現在金融取ではユーロ円TIBOR3カ月金利先物を上場しており、今年度上半期の取引数量は331万枚、期末建玉残数は77万枚となっている。

TIBORとは全国銀行協会(全銀協)が毎営業日公表しているTokyo Inter-Bank Offered Rateの略称のこと。算出は各リファレンスバンク(18のレート呈示銀行)が11時時点における1週間物および1~12カ月物の13種類について市場実勢レートを全銀協に呈示し、上下2行の値を除外してその他の14行のレートを単純平均した上で「TIBORレート」(日本円、ユーロ円とそれぞれ13種類)として全銀協が認めた各情報提供会社を通じて公表している。
日本のメガバンクはTIBORを通じて貸し出しを行っており、外資系との取引ではLIBORをTIBORに引き直して取引しているのが現状だという。

そのLIBORとはBritish Bankers' Association(BBA、英国銀行協会)が毎営業日公表しているLondon Inter-Bank Offered Rateの略称のこと。算出は各リファレンスバンク(対円で16のレート呈示金融機関)がロンドン市場における11時時点での銀行間貸し出し金利を呈示し、上下4行の値を除外したその他8行の平均金利を用いる。
通貨および期間ごとに公表され、国際金融取引(主に資本市場を通じた資金調達やデリバティブ取引)の基準金利となっている。

かつて金融取はLIBORの3カ月物を上場していたが、取引量の低迷を理由に05年12月で上場を廃止した。
だが04年当時ヘッジ対象としての金利スワップ規模が220億ドルだったものが、10年では820億ドル以上に膨らんだ背景もあり、「外資メンバーからも期待の声が高い」(太田省三社長)として今回再上場を決めた。
現在システム調整などを行っている段階だという。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/993-56d009e5

続・オプション・トレーディングにおける個人投資家とプロの違い、グリーク(リスク指標)の見方

プットを買いまくって、金利リスクがえらいことにw 米国で得意の暴落待ちポジションを作る、Volatilityを買いながら、GammaはShort、Deltaは若干Longくらいのポジションが心地良いため、プット・カレンダースプレッドを中心にポジションをバシバシ重ねていくと、何が起こるだろうか? ここから先は一般・アマチュアの人のために少し丁寧にいうと、まずこれを理解していないと無理なので、読...