堂島取、東西米穀分科会を一本化先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > 堂島取、東西米穀分科会を一本化TOP > 業界ニュース > 堂島取、東西米穀分科会を一本化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂島取、東西米穀分科会を一本化

旧東京分科会残し、大阪分科会を解散へ

大阪堂島商品取引所は9月18日の理事会で、旧農産物取引運営委員会米穀部会東京分科会及び旧同大阪分科会を統合し、新たな諮問委員会として「米穀取引運営委員会」の設置を承認した。

東京穀物商品取引所の解散に伴い2013年2月にコメ先物を引き継ぎ、東京コメ・大阪コメの2本立てとし運営を続けてきた。引き継ぎの際、市場運営を担う米穀部会についても東西で分割し、これまで別個に委員会を開催してきた。だが委員会はほぼ東京開催で、今回運営の効率化を目的に、米穀部会の一本化を図った。

なお新たな委員会は、旧東京分科会の流れを引き継ぐことで、事実上大阪分科会の解散となる。メンバーは以下のとおり。

米穀取引運営委員会
◇委員長 茅野信行(國學院大経済学部教授)
◇委員 伊藤元久(前日本穀物検定協会理事長、学識経験者)、井上成也(岡地常務)、浦栃健(豊商事取締役ディーリング部長)、木之下悟(前全国主食集荷協同組合連合会常務理事、学識経験者)、木村了(全国米穀販売事業共済協同組合理事長)、佐藤正志(新潟ゆうき代表取締役)、茂野隆一(筑波大大学院生命農学研究科教授)、高木賢(中島肇法律事務所弁護士)、長谷部喜通(日本米穀小売商業組合連合会理事長)、藤尾益也(全国米穀販売事業共済協同組合副理事長)、三橋美幸(神奈川県主食卸商組合長)、渡辺好明(全国農地保有合理化協会長)

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/1526-bfd14a4d