JPX、2代目アローヘッドを9月24日に稼働先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > JPX、2代目アローヘッドを9月24日に稼働TOP > 業界ニュース > JPX、2代目アローヘッドを9月24日に稼働

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JPX、2代目アローヘッドを9月24日に稼働

5年ぶり刷新の現物売買システム、清田CEO「日本株魅力向上の柱」

日本取引所グループ(JPX)は9月24日、現物の売買システム「アローヘッド(arrowhead)」を刷新した。これを受け翌25日の定例会見で清田瞭取締役兼代表執行役グループCEOは「日本株の魅力向上の柱」とシステムの重要性を強調した。

続けて現物・デリバティブ・清算の各システムに関し「東西統合を乗り越えて、これまで新生JPXとして取り組んできた第一歩が示せた」と評価した。

初代アローヘッドは2010年1月に稼働し、今回は5年ぶりの刷新となる。2代目アローヘッドは富士通の開発ソフトにより、すべての注文データをサーバーのメモリーで高速処理する手法を継承している。これにより1日に処理可能な注文件数は2億7,000万件と旧システムの約2倍となった。また注文応答にかかる時間は、500マイクロ(マイクロ=100万分の1)秒未満と旧システムの半分に減らした。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/1525-ecf1f6a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。