東商取、帳入値段取引を導入先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > 東商取、帳入値段取引を導入TOP > 業界ニュース > 東商取、帳入値段取引を導入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東商取、帳入値段取引を導入

10月6日から

東京商品取引所は10月6日から帳入値段取引を導入する。これは東商取に申出をすれば帳入値段で取引を成立させることができる新たな立会外取引制度。9日付で経産・農水両主務省から関連業務規程の変更について認可を受けた。

全ての市場参加者が対象で事前登録は不要。全商品及び全限月で1枚から取引できる。申出時間は9時から15時25分まで、当月限の申出期限は仕切・新規ともに納会日の2営業日前の日中立会までとする。

なお注文形態は新規仕切、自己委託とも制限なしで、申出価格は属する計算区域の帳入値段とする。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/1481-ffbb3fef