東商取、夜間取引を30分前倒し先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > 東商取、夜間取引を30分前倒しTOP > 業界ニュース > 東商取、夜間取引を30分前倒し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東商取、夜間取引を30分前倒し

取引システムも30%処理速度アップ

東京商品取引所は7月22日、夜間取引を30分前倒しするなど取引時間を延長した。9時から15時30分としてきた日中立会を今後は9時から15時15分とし、代わりに17時から翌4時としていた夜間立会を16時30分から翌4時と30分延ばした(ただしゴムは従来どおり19時まで)。

欧州市場の取引時間と重なる時間帯を広げることで、機関投資家の参加に繋げたい考えだ。

これに伴い東商取は、取引時間変更に合わせる形で海外勢への利便性を考慮し、海外基準に合わせる形で取引システムの処理速度を30%ほど上げた。

また日中の新甫発会を25日から夜間立会へ移動した。同日はゴム(2015年1月限)、ガソリン・灯油・軽油・中京ガソリン、中京灯油(2015年2月限)、28日には小豆(2015年8月限)が夜間で新甫発会を迎えた。今後も順次夜間へ移動させる。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/1467-0ed4691c