東商取、シカゴとの専用高速回線設置先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > スポンサー広告 > 東商取、シカゴとの専用高速回線設置TOP > 業界ニュース > 東商取、シカゴとの専用高速回線設置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東商取、シカゴとの専用高速回線設置

9月16日に提供開始、プロバイダーはKVH社

東京商品取引所は13日、自社の持つ東京データセンターと米CMEグループがイリノイ州オーロラに保有するデータセンターとの間で専用高速線の設置について合意したと発表した。9月16日に提供を開始する。

通信プロバイダーはKVHで、すでにCMEグループのコロケーション利用客に多くの地域からの接続を提供している。また東商取のプロキシミィティ・データセンターはKVH東京が保守管理しているなど、アジア地域においても実績がある。

東商取の海外からの取引注文は年々増加し、現在取引全体の4割に達するまでになっているが、特定取引所との専用回線は初めての試みで、今回の設置は米国側の業者にヒアリングの末検討したもの。江崎格社長は「将来的に10社くらい入ってくれたら」と専用線を通じた取引を見込んでいる。

KVHはGlobal Ether-WAN回線でCME〜東商取間を122ミリ秒という高速な接続サービスを行い、回線帯域は10から50Mbpsまで10Mbpsごとに全5種類、冗長性を確保するため2回線1セットで提供する。

今回の件について江崎社長のコメントは以下のとおり(要約)。

「今回のサービス提供によりCMEグループに関係する多くのサービス・プロバーだーとの協力が可能となり、東商取市場への参入が容易になる。またCME Globexを利用する市場参加者に東商取での取引機会を大きく広げるものとなってほしい。今年初頭にシカゴを拠点とする多くの市場参加者と意見交換を行ったところ、今回の取り組みについて多くの賛同が得られたので、大平洋を越えて東商取市場に参加してもらえることを確信している。」

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
   ※パスワードを設定すると後に編集・削除ができます。

トラックバック

トラックバックURL
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/tb.php/1455-137f92a0