2011年04月28日先 物 新 報

先 物 新 報

商品先物業界の専門紙記者が、業界ニュースを中心に関連情報をお届けします。
TOP > ARCHIVE - 2011年04月

4月の国内商品先物取引・全商品出来高合計

月間268万枚、前月比24.6%減
震災後に取り組みが激減



1104出来高

スポンサーサイト



「エースでねらえ!FX」がサービス終了へ

取引所FX「エース365」へ一本化
レバレッジ規制強化受け、6月末で終了


業界大手のエース交易は28日、店頭外国為替証拠金取引(FX)の「エースでねらえ!FX」について6月末でサービスを終了すると発表した。

8月以降にレバレッジ規制が強化されるため、安定事業としてのサービスが困難になったため。
継続を希望する顧客については、6月上旬をメドに大阪のヒロセ通商に口座を移管する。

これにより同社はFXについて、東京金融取引所の取引所FX「エース365」に一本化する。

岡藤HDが子会社設立

仲介業主体の総合金融会社目指す

業界大手の岡藤ホールディングスは26日、金融仲介業を主体とする全額出資の子会社を設立し、グループ子会社である岡藤商事の営業部門を一部移管して10月を目標に営業を開始すると発表した。

商品先物取引及び日経225先物取引などのデリバティブ取引について、総合的に取り扱う金融会社を作る狙い。
分割する営業部門は岡藤商事の国内対面顧客に関する部門。

資本金は5000万円で、社長には現岡藤商事社長の立川真司氏が就任する。
商号は今後正式に決定する。

これにより新会社は商品先物取引仲介業、第二種金融商品取引業、金融商品仲介業、貴金属地金販売業を取り扱う。